お使いのブラウザは閲覧推奨環境ではありません。以下のブラウザで開く:

起業家のベサニー・C・マイヤーズがグローバルアンバサダーに就任
プーマスタジオコレクションの顔として活動

プーマは、ニューヨークを拠点とするフィットネスとライフスタイルの起業家であり、LGBTQIA +活動家のベサニー・C・マイヤーズ (Bethany C. Meyers) を新たにプーマファミリーに迎えました。

ベサニー・C・マイヤーズは、プーマのトレーニングウェア「STUDIO COLLECTION (スタジオ コレクション) 」の顔として、様々な活動を行っていきます。
 
キャンペーンビジュアルで着用しているスタジオコレクションは、女性らしく洗練されたデザインで、軽量性や通気性を兼ね備え、上品な素材感や動きやすさを追求したトレーニングウェア。女性らしい柔らかな配色と控えめにあしらわれたグラフィックによって、トレーニングからタウンユースまで、幅広いシーンでの着用が可能となります。
 
ベサニー・C・マイヤーズは今回のグローバルアンバサダー就任について、「私は、プーマからスタジオコレクションのグローバルアンバサダーの話を頂けたことや私の考え方に共感してくれたことを嬉しく思います。10年以上フィットネスインストラクターを務めており、快適なワークアウトが可能なトレーニングウェアを選んできました。スタジオコレクションはまさにそれを実現しています。」と話します。
 
また、プーマのランニング/トレーニングマーケティング部門のシニアチームヘッドのJenna Synborskiは、「プーマファミリーにベサニー・C・マイヤーズが加わったことを嬉しく思います。彼女が活動するフィットネスとライフスタイルへのアプローチは、プーマのスタジオコレクションの考え方と非常に一致していました。私達は今後彼女と共に身体能力、サイズ、性別、人種、または外見に関係なく、すべての身体を受け入れることや多様性を尊重し受け入れる姿勢などに関する重要なメッセージを共有すると共に、消費者へ伝えていきたいと思います。」と話します。
 
さらに、ベサニー・C・マイヤーズはグローバルアンバサダーであることに加えて、アスリートを支援するプーマのプラットフォームにも参加し、人種や性別、性別の不平等について話す予定です。特にLGBTQIA +の権利について焦点を当て、人々がスポーツやスポーツの環境を妨げる可能性がある障壁を取り除くことを提唱することを支援します。